利尻昆布ヘアカラートリートメントの使い方

「利尻昆布ヘアカラートリートメント」は普段髪の毛を洗髪する時と同じ使い勝手です。シャンプーをした後のトリートメントの代わりにこの利尻昆布ヘアカラートリートメントを使用すればいいだけ。
何とも簡単!単純!ただやはり何点か注意点があるので、それだけは気をつけた方がいいようです。

 

注意点も含めた上での使い方の手順をご紹介していきます。

 

使い方

 

まず初めにシャンプーをします。これは普段のシャンプーもそうなのですがシャンプーをする前にしっかりとお湯で髪の毛をすすぐのが大事なよう。この時に頭髪の70%の汚れが落とされていくとのこと。しっかり汚れを取り除いてあげることで色の染まり具合が良くなるよう。もちろんシャンプーの泡が残らないようしっかりと洗い流すのも忘れずに!

 

使い方

 

しっかりと汚れを取り除いたら次にこの利尻昆布ヘアカラートリートメントを髪の毛に塗布していきます。『白髪を染めていきたい所へはたっぷり塗布して下さい。』とのこと。

 

使い方

 

塗布したトリートメントを放置していきます。
ここで重要ポイント!
『一番最初に使う時は、15分〜20分放置して下さい。』との説明。
最初使う時はこの放置時間が肝心。この放置時間で染まり具合の違いがでてくるようです。
塗布した後、塗布した髪の毛全体にラップをかけてあげると染め上がりがグンとよくなるようです。特に冬場は効果的。

 

使い方

 

放置した後は髪の毛につけたトリートメントを洗い流していきます。洗い流したお湯に色がつかなくなるまでしっかりすすぎます。
「利尻昆布白髪染め」はトリートメント剤なのでこの後にヘアートリートメントやコンディショナーなどを使う必要はありません。

 

使い方

 

洗い流した髪の毛をタオルで拭くとき、汚れてもよい濃い目の色のタオルを使うことをおすすめします。「利尻ヘアカラートリートメント」を使った後はタオルに色が付いてしまう事があるようです。

 

注意事項

 

「利尻昆布白髪用ヘアカラー」を髪の毛に塗布する時、素手で塗布しても問題ないようです。
しかし、素手で使用する場合は必ず手を濡らしてからにして下さい。
乾いた手のまま使用していくと最後に洗い流しても完全に色が落ちません。個人差があるかとは思いますが、何度か手を洗っていくと一日で色は落ち着いてきます。しかし爪の間にはしっかり色が残ってしまいます。爪の長い方は手袋の使用をおすすめします。


サスティの[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント